Chromosphere

私の中にある妄想の一片をここに流していきます。



Explanation*
   神と人が共存する世界。 太陽と月が欠けだす頃 全てが廻り始める    
   ***    
   イラスト中心創作ブログ    
   リンクフリーです。リンク画像は増やす予定です。    
       
   
Information*
   2016/01/03 魔唱族の紹介を投稿しました。    
   2015/09/18 新しいお話を投稿しました。    
   2015/09/08 常闇の一族の紹介を投稿しました。    
Categorys*
   イラスト       ストーリー       世界観    


大事な人を失った。
それは自分の所為だと知っていた。
けれど どうする事も出来なくて 一人此処で泣いていた。

山茶花が咲き誇る秋だった。

生垣の隅 山茶花の下で あの人に貰ったナイフを見つめた。
「こんなに苦しくなるなら いっそ理性など殺して仕舞おうか」

山茶花が咲き誇る秋だった。

手首を切って死を選んだ少女が此処に来た。
「此処は 何処で 貴方は 誰 ?」
-此処は地獄で 私はサタンだ-

彼女は哀しそうに笑いながら云った「此処に来れば私の罪は赦されますか?」
-いや 此処は赦されざる者が堕ちる場所 君の行為もまた 罪と成る-
「そっか やっぱり赦されないんだ・・・」

「どうしたって赦されないのは解っているの。でも、もし赦されるなら・・・なんだってするから・・・」

唯 泣いていた  唯々泣く事しか出来なかった

-では君に一つ使命を与えよう-
「え?」


気が付いたら山茶花の生垣の下に居た。
右手首の傷は塞がって 変わりに不思議な文字が刻まれていた。

--私はいずれ 現世も天をも支配する--
--その時まで君は 私の変わりに現世を護っていてくれ--
--それが 君の 使命--

赦されない事は解っている。
あの人を忘れる事は出来ない。
けれど
死すら許されない私は 君の愛した此の世界を 彼が来るまで 護り続けよう。

君に貰ったナイフと彼に貰った力を信じながら---